【歯医者選びが大事な理由】間違った選び方をしていると大変なことに

治療の腕は歯医者によって全然違う!正しい歯医者の選びかた

歯医者選びは重要

最近は全国的に歯医者が増えていますが、中でも銀座にはたくさんあります。たくさんある歯医者ですが、治療には差があります。なので、歯医者選びはとても大事です。技術力のない歯医者で治療を行うと、かぶせものがあっていなかったり無理やり詰め物をしているという治療をされてしまう可能性があります。

歯医者による治療の違い

いい加減な歯医者

差し歯などのかぶせものをする際には、歯ぐきとの隙間をなくさなければいけません。ですが、いい加減な歯医者だとこの隙間が空いて、中に細菌が入り放題になってしまうことがあります。隙間から侵入した細菌は虫歯の原因となってしまうので治療した意味がありません。

丁寧な歯医者

無理やり使用して隙間が出来てしまうのは大変危険です。丁寧な対応をする歯医者でも、作成した差し歯が合わないということは少なからずあるでしょう。そのため、優良なところではきちんと作り直してを提案し、すぐに対策に取り掛かってくれます。

【歯医者選びが大事な理由】間違った選び方をしていると大変なことに

口

治療方法を提案してくれる

歯医者では基本的に患者の要望を優先して治療を行います。ですが、それだけでは将来的に健康な口内環境を保てるか疑問です。自分が提案した治療内容に対して、他に適した治療方法があれば提案してくれる歯医者を選びましょう。将来的な口内環境まで考えてくれるような歯医者が理想です。

予防歯科を教えてくれる

治療を始める前に、虫歯にならない方法や歯周病の予防法を教えてくれるような歯医者を選びましょう。予防法を教えてくれないといくら治療をしてもまた同じ治療を受けるはめになってしまいます。中でも歯磨きを徹底的に指導してくれるかをよく確認しましょう。歯磨きは基礎中の基礎なので、歯磨きが出来ていないと歯をだめにする原因を解決していないことになります。

記録を細かくとる

治療を始める前に、レントゲン写真を撮ります。そのレントゲン写真をさまざまな角度からとり、口の状況を把握することは治療において大事です。また記録をとっておくと、後からどのように変わったかを患者さんに見せたり確認しもらえます。どんな治療を行っているのかの確認にもなるので、治療の記録をとっている歯医者はいい歯医者だといえます。